利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社エス・ビルドシステム(以下、「当社」といいます。)が提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件(定期購入、ソフトウェア使用許諾、その他サービス利用に関する条件を含みます。)を定めるものです。本サービスを利用する法人、団体、組合、個人その他ユーザーの皆さま(以下、「ユーザー」といいます。)は、本規約に従うことを条件として、本サービスをご利用いただくことができます。本規約の全ての条項に同意しない場合は、本サービスおよび本ソフトウェア(以下に定義)を使用してはなりませんので、何卒ご注意下さい。

第1条(適用)

  1. 本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  2. 当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)を設けることがあります。その場合、個別規定は、その名称のいかんに関わらず本規約の一部を構成するものとし、ユーザーと当社との間に適用されます。
  3. 個別規定が設けられている場合において、本規約の規定が個別規定の規定と矛盾するときは、個別規定において特段の定めなき限り個別規定が本規約に優先して適用されるものとし、また個別規定に定めがないものについては、本規約が適用されます。

第2条(利用契約、ソフトウェア使用許諾、初期導入費、定期購入、利用登録)

  1. 本サービスに関するソフトウェア(アップデート版、修正版等も含みます。以下、「本ソフトウェア」といいます。)の利用を希望する申込者が、当社所定の方法で、当社に対して申込みを行い、当社がこれに対して承諾の意思を表示したときに、本規約を契約内容に含む本サービスの利用に関する契約(以下「サービス利用契約」という)が成立します。申込者は、サービス利用契約の内容として、本規約の全ての内容を承諾したうえで申込を行うものとし、申込者が申込を行った場合は、申込者がサービス利用契約の内容として本規約の全ての内容を承諾しているものとみなします。当社は、本サービスを利用するために本ソフトウェアを適法にダウンロードしたユーザーに対し、使用料を支払ったアカウント数に限り、本規約に従うことを条件に、本ソフトウェアの非独占的な使用を許諾します(ユーザーに知的財産権が譲渡される訳ではないため、ご注意下さい。)。
  2. ユーザーは、1アカウントにつき1つのハードウェアに限り、本ソフトウェアをダウンロード、又は使用することが出来ます。
  3. ユーザーは、初回購入(同一商品名の商品を最初に購入する時を意味します。)の際、インストールおよび操作説明に関わるサポートに係る費用として、別途当社が定める初期導入費を支払うことを要します。
  4. 本サービスの利用期間は、サービス利用の申込時に定める期間(別途合意のない限り、1年間)とします。利用期間満了までにユーザーから当社所定の方法に従った解約の通知がない限り、使用しているアカウント数全てについて、更に同期間自動的に延長され、以降も同様とします。
  5. ユーザーは、本サービスを利用するためには、あらかじめ、本規約に同意の上、当社の定める方法によって当社に対して利用登録を申請しなければなりません。利用登録は、当社がユーザーからの利用登録の申請を承認することによって、完了するものとします。
  6. 当社は、以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請または利用期間の延長を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
    1. 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
    2. 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
    3. その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合
  7. ユーザーは、登録情報に変更が生じた場合には、当社が指定する方法により速やかに届出を行わなければなりません。登録情報の変更の届出が速やかに行われなかったことによりユーザーに生じた損害または不利益について、当社は一切の責任を負いません。
  8. 本サービスに関する著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ノウハウその他一切の知的財産権は、当社および正当な権利者たる第三者に帰属し、サービス利用契約の成立は、本サービスの利用に必要な範囲を超えて、ユーザーに対して知的財産権の利用が許諾されることを意味しません。
  9. 当社は、当社の任意の裁量において、本サービスに関する業務の一部または全部を第三者に委託することができるものとします。
  10. ユーザーは、本ソフトウェアの起動時に認証キー、端末識別情報およびユーザーの登録情報に関する認証通信が発生すること、当該通信にかかる費用はユーザーの負担で行われること、および、当社の認証サーバーに当該通信が送信されることについて、異議なく承諾します。

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)

  1. ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーIDおよびパスワードを厳重に管理するものとし、これらを用いてなされた一切の行為について責任を負うものとします。
  2. ユーザーは、いかなる場合にも、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与し、もしくは第三者と共用することはできません。当社は、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。
  3. ユーザーIDおよびパスワードが第三者によって使用されたことによってユーザーに生じた損害または不利益について、当社は一切の責任を負いません。
  4. ユーザーが法人、団体、組合等の場合、ユーザーは、自己の責任において業務従事者に本規約の内容を遵守させるものとします。業務従事者の行為または本規約の違反は、法人、団体、組合等であるユーザーの行為または本規約違反とみなし、ユーザーは、当社に対して、業務従事者と連帯して全ての責任を負うものとします。

第4条(利用料金および支払方法)

  1. ユーザーは、本サービスの利用の対価として、当社が別途定め、当社ウェブサイトに表示する利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします(本サービスの利用期間が自動延長される場合も同様)。当社は、いかなる場合にも受領した利用料金を返金する義務を負いません。
  2. ユーザーが利用料金の支払その他本規約に基づく債務の履行を遅滞した場合には、ユーザーは、支払期日の翌日から起算して支払済みに至るまで、年14.6%の割合による遅延損害金を当社に対して支払うものとします。
  3. 本サービスを利用するために必要となる通信費(本ソフトウェアのダウンロードおよび利用のために発生する通信費も含みます。)および機器等は、ユーザーの負担と責任により準備するものとします。当社は、本サービスが推奨環境において機能するように合理的な努力を行いますが、ユーザーの使用する機器等において、本ソフトウェアが正常に動作することを保証するものではありません。

第5条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. 当社もしくは第三者の著作権、商標権その他の知的財産権、財産、名誉、信用その他の権利・利益を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
  4. 本ソフトウェアの複製、翻訳、翻案等の改変
  5. 本ソフトウェアの販売、配布、再使用許諾、公衆送信(送信可能化も含みます。)、貸与、譲渡その他の処分
  6. 本ソフトウェアの一部または全部のリバースエンジニアリング、逆コンパイルもしくは逆アセンブルを行い、またはその他の方法でソースコードを抽出する行為
  7. 当社または第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  8. 本ソフトウェアに設けられたコピーガード等の技術的な保護手段を回避する方法をとる行為
  9. 当社に対して虚偽の申告をする行為
  10. 不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
  11. コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを使用し、もしくは送信する行為またはそのおそれのある行為
  12. 当社の通信設備等に支障を及ぼし、またはそのおそれがあると当社が判断する行為
  13. 当社のサービスの運営または当社の業務を妨害するおそれのある行為
  14. 第三者のユーザーID、パスワード等を不正に使用または取得する行為
  15. 他のユーザーに成りすます行為
  16. 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  17. 本ソフトウェアを本サービスの利用以外の目的のために使用する行為、不正な目的を持って本サービスを利用する行為
  18. 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  19. 当社のサービスに関連して、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)に対して直接または間接に利益または便益を供与する行為
  20. その他、本ソフトウェアの利用目的に照らして当社が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

  1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を、当社が適切と判断する期間、停止または中断することができるものとします。
    1. 本サービスにかかるシステムもしくは設備等に障害が発生し、またはメンテナンス、保守点検、更新もしくは工事等を行う場合
    2. 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中断、中止するなど、当社以外の第三者の行為に起因して、本サービスの提供を行うことが困難になった場合
    3. 地震、落雷、火災、停電もしくは天災などの不可抗力(当社の合理的な支配の及ばないあらゆる状況を意味します。以下同じ。)または非常事態の発生により、本サービスの提供が困難となった場合、または困難になる可能性のある場合
    4. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
    5. 設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
    6. 運用上または技術上の理由でやむを得ない場合
    7. 法令規制、行政命令等により、本サービスの提供が困難になった場合
    8. ユーザーが利用料金の支払いその他本規約に定める義務を履行しない場合
    9. その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、いかなる法律構成によっても一切の責任を負いません。

第7条(利用制限および登録抹消)

  1. 当社は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに対して何らの通知催告をすることなく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用制限、利用停止、ユーザーとしての登録抹消、またはサービス利用契約の解除を行うことができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録事項に虚偽の事実または重大な隠蔽等があることが判明した場合
    3. 利用料金の支払いその他本規約に基づく債務の不履行があった場合
    4. 90日以上にわたり所在不明または連絡不能となった場合
    5. 反社会的勢力等である場合、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っている場合、または反社会的勢力等が経営に実質的に関与している法人等であると当社が合理的に判断した場合
    6. その他、当社が本サービスの利用を適当でないと合理的に判断した場合
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により、万が一ユーザーまたは第三者に損害または不利益が生じたとしても、これについて一切の責任を負いません。また、当社は、既に受領した利用料金の返金を行いません。
  3. 第1項に基づき当社がサービス利用契約を解除した場合、当社はユーザーの登録情報を消去することができます。
  4. 第1項に基づき当社がサービス利用契約を解除した場合、ユーザーは、直ちにユーザーのハードウェアに保存されている本ソフトウェアを破棄するものとします。

第8条(解約)

  1. ユーザーは、サービス利用契約を解約する場合、当社所定の方法により解約手続きを行うこととし、当該解約手続きの完了をもって、サービス利用契約が解約により終了するものとします。ユーザーがサービス利用契約を解約した場合でも、当社は、既に受領した利用料金の返金は行いません。
  2. 前項に基づきユーザーがサービス利用契約を解約した場合、当社はユーザー登録情報を消去することができます。
  3. 第1項に基づきユーザーがサービス利用契約を解約した場合、ユーザーは、直ちにユーザーのハードウェアに保存されている本ソフトウェアを破棄するものとします。

第9条(保証の否認および免責等)

  1. 当社は、本サービスの正確性、有用性、完全性、特定の目的に対する適合性、本サービスの処理速度、エラー、バグ、その他一切の事項について、本規約に記載がない限り、明示的にも黙示的にも何ら保証するものではありません。本ソフトウェアに関して発生するいかなる問題も、ユーザーの責任および費用負担により解決されるものとします。
  2. 当社は、サービス利用契約に関し、本規約で定められている内容以外の義務および責任を負いません。当社は、ユーザーもしくは第三者の責に帰すべき事由、または不可抗力に起因して、ユーザーまたは第三者が被った損害または不利益について、いかなる法律構成によっても何ら賠償の責を負いません。
  3. ユーザーは、本サービスにより作成または記録される全ての情報について、自己の責任で保存、管理およびバックアップを行うものとし、当社は、バックアップデータが存在しないこと、またはユーザーがバックアップ作業を適切に実施しなかったこと等により発生したユーザーの損害および不利益につき、一切の責任を負いません。当社は、ユーザーの登録情報や利用履歴等を記録または保存することがありますが、これはユーザーの責任で行われるべきバックアップを補完するものではなく、当社は、当社が記録または保存する情報の全部または一部を一定期間後に消去する場合があることを、ユーザーは予め了承するものとします。
  4. 当社は、本ソフトウェアに関するサポートまたは修正版(アップデート版も含みます。)の提供を行う義務を負いません。また、当社は、あらかじめユーザーへ通知を行うことなく、本ソフトウェアの修正、変更、アップデート、または本ソフトウェアの提供の中止または終了を行う場合があります。
  5. 当社は、当社に故意または重過失が認められる場合かつユーザーが損害発生後6か月以内に当社に書面により通知を行った場合に限り、当社の帰責事由が直接の原因となって本サービスに関してユーザーに現実に発生した通常の損害について賠償する責任を負うものとし、それ以外の損害については一切の責任を負いません。損害賠償額の累計は、法律構成の如何を問わず、当該損害の直接の原因となったサービスについて当該ユーザーから受領した利用料金の1か月分に相当する額を上限とします。当社は、特別な事情からユーザーに生じた損害(損害発生につき予見し、または予見し得た場合であったとしても)、付随的損害、間接損害、懲罰的損害、および派生的損害(逸失利益およびデータの喪失等も含みますがこれらに限られないものとします。)について、一切の責任を負いません。
  6. 当社は、本サービスに関して、ユーザーと第三者との間において生じた取引または紛争等について一切責任を負いません。本サービスに関してユーザーと第三者との間に紛争が生じた場合、ユーザーは、自己の責任と費用においてこれを解決するものとし、当社に何ら迷惑をかけず、またこれにより当社が被った損害を補償するものとします。

第10条(サービスの追加、変更、中止および終了)

  1. 当社は、当社の裁量により本サービスの内容を追加または変更することができます。当社は、本サービスの追加または変更により、変更前のすべての機能または性能が維持されることを保証するものではありません。
  2. 当社は、事前にユーザーに通知したうえ、当社の裁量により本サービスの一部もしくは全部の提供を中止または終了することができます。但し、中止または終了する本サービスの内容が重大でない場合、当社は通知を要さずこれらを実施することができます。
  3. 当社は、前各二項に基づいて本サービスを追加、変更、中止または終了したことにより、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、いかなる法律構成によっても一切の責任を負いません。

第11条(利用規約の変更)

  1. 当社は、いつでも本規約を変更することができるものとし、当社からユーザーへの通知において指定された期日(通知において指定がない場合は、当社が通知を発した日)を発効日として、変更後の規約が適用されるものとします。
  2. ユーザーは、本規約の変更内容を承諾しない場合には、通知を受けた日から14日以内に、当社に対して書面により異議を通知するものとします。当社が当該異議の通知を受領した場合、当社は、その任意の裁量により、当該異議通知受領日以降で当社が定める日をもって、当該ユーザーとのサービス利用契約を終了させることができるものとします。ユーザーが通知を受けた日から14日以内に、当社に対して書面により異議を通知しない場合、ユーザーは変更後の本規約に同意したものとみなされます。
  3. 前項の定めにかかわらず、第1項に定める発効日以降にユーザーが本サービスを利用したときは、ユーザーは変更後の本規約に異議なく同意したものとみなされますのでご注意下さい。

第12条(個人情報の取扱い)

  1. 当社の個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーに定めるとおりとします。
  2. 当社は、サービス利用契約の終了後も、プライバシーポリシー記載の利用目的の範囲内で、ユーザーの個人情報を利用できるものとします。

第13条(通知または連絡)

  1. 当社は、本サービスに関連してユーザーに通知または連絡(以下、「通知等」といいます。)を行う場合、当社ウェブサイトに掲示する方法または登録情報として登録された電子メールアドレス・住所に宛てて電子メール・文書を送信する方法その他当社が適当と判断する方法によって行います。
  2. 当社ウェブサイトに掲示する方法により行われた通知等は、その内容が本サイトに掲示された時点に、電子メール・文書を送信する方法により行われた通知等は、当社が電子メール・文書を発信した時点で、各々効力を生じるものとします。
  3. 当社は、ユーザーが当社所定の方式に従い変更届を適切に行わない限り、当社に登録されている連絡先が有効なものとみなして、当該連絡先へ通知等を行い、これらは、発信時にユーザーへ到達したものとみなします。
  4. 本サービスに関する問い合わせその他会員から当社に対する通知等は、当社の定める方法で行うものとします。

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第15条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約は、日本法によって解釈され、日本法を準拠法とします。
  2. サービス利用契約または本規約に関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を専属的合意管轄とします。

第16条(有効性)

本規約のいずれかの規定が無効とされる場合であっても、本規約の他の規定は影響を受けないものとし、法令により認められる最大限の範囲で有効かつ執行可能であるものとする。無効とされる規定は、それを是正するために必要最小限の範囲で修正されるものとする。本規約中の見出しは、参照の便宜のためのものであり、その解釈に影響しないものとする。

以上