建設業における積算とは

積算をウィキペディアで調べてみた。

積算(せきさん)とは、一般的には数値を次々に加えていくことをいう。数学ではこのことを総和と言い、積算は経済分野での用語である。集めて計算すること。数をつぎつぎに加えて計算すること。また、その合計した額。累計を表す。

wikipedia

とある。建築業界における積算は大きく二つに分かれていると思う。金額を出すための積算と材料の数量を出すための積算だ。具体的に何が違うかというと、工事費を積算する場合、その時点では材料が決まっていないことが多い。仕上げ材で言うと、何種類もの材料が貼り分けられるケースがあったとしても、見積書上では〇〇円の量産クロスが○○mという形でくくられてしまう。そのため、実際に現場においては、必要な材料を品番ごとに整理して再度計算し、発注する必要がある。

親会社が内装工事会社である当社では、この「建築の電卓」導入以前は、リアルに2回の積算を行っていた。往々にして、見積もりを作るうえでの積算は、お客様に過剰に請求してしまう可能性を秘めてはいるが、建設会社にとってはある意味ざっくりでも問題ない。

材料発注時の2度目の積算でシビアにやればいいからだ。仮にお客様への請求数量よりも実際に多い材料が必要になったとしても、社内で被ればいいという思いがある。

「建築の電卓」を使うと、見積もり作成時に作った積算ファイル(ソフトで作成するため、1物件の積算結果が一つのファイルとして出来上がる。)が、発注時まで活きてくる。

あとから品番を入力するだけで、その部屋ごとだとか、壁ごとに違う材料を貼ることができる上、正しい手順さえ踏めば、複雑な材料の貼り分けも後からできる。

さらにこのソフトには建設業ならではの一工夫がある。ロスという考え方だ。

この「建築の電卓」を使用した積算作業においては、パソコンで1枚単位、1㎝単位まで正確な数量を出すことが可能だ。しかし、現場にちょうどの数量を手配する建設会社はない。クロスだけ取ってみても、壁高よりも50㎜程度長く裁断し使用する。この50㎜は最低限必要なロスであり、さらに不測の事態に備え、必ず少し多めの数量を現場に入れ、その余剰分もお客様には請求する。当然お客様への余剰分の請求は少なければ少ないほどいいに決まっている。そのためにはより正確な数量を把握したうえで、適正なロスを見る必要がある。

このソフトには導き出した数量を「ダブルクリック」するとロス分を手入力できるような仕掛けがある。コンピュータが導き出した数字と人の手によって加えられた数字が整理されて出てくることによって、どのタイミングで誰がロスを加えたのかも把握できる。ロス分は各社によって違うし、貼る材料によっても違う。ガイドラインはあったとしても、実務上、何%が適正というものはない。

建設業界の積算業務が、人工知能(AI)が経験値を蓄積し、適切な答えを出すような、100%自動化できる時代はもう少し先のようだ。