「建築の電卓」はこんな企業におすすめ!

「建築の電卓」は、どんな業態の企業にマッチするソフトウェアなのでしょうか?
今回は「建築の電卓」が実際にどんな企業様に導入され、ご利用頂いているかご紹介します。

1. 内装工事業者様

内装工事業者様の中でも、タイルカーペットやクロス、長尺など表装仕上げ工事を行っている業者様への導入率が最も高いです。
特に、商業施設や学校・オフィスなど広い現場を請け負っておられる業者様にご利用頂いております。
そんな該当企業様の多くが入会されている組合としては『日本室内装飾事業協同組合連合会』が有名です。
全国の都道府県すべてに組合は存在していますので、あなたの会社もしくは、お知り合いの業者も入会されているかもしれません。
※親会社であるエス・ビルドはオフィスの内装工事を手掛けていますので、東京と大阪の室内装飾組合に所属しております。

従業員数では、お一人で活動されている企業様から千名を超える企業様まで幅広くご利用頂いております。規模は問いませんが、一番多いレンジとなると、10~50名程の企業様が割合的には多いです。
利用者様としては、現場管理の御担当者様が1番ご利用頂いております。
現場でのお仕事が多忙で、積算する時間を短縮したい!
手作業は、とにかくメンドクサイ!!(笑) など初回商談時に様々な要望を頂いております。

次に多い利用者の方は、営業アシスタント(事務員さん)です。
「私でも簡単に使えるなら、現場管理の人が楽になるかなって・・・」と、すごく従業員さん想いの優しい方が多いです!! 素敵です!
コロナ禍においても、現場管理の方が在宅勤務されている事務員さんに図面をメールで送り、建築の電卓で積算を実施し、結果を送り返すという流れで業務を回して頂いております。

2. インテリア資材商社様

上述の内装工事会社に資材を販売されている商社様です。
資材のデリバリーが命となるため、 全国的に事業を展開する企業よりも地場に根付き事業展開をされていることが多いです。

内装工事会社様が繁忙期になった際など、資材の積算の依頼を受けることもあり
商社側でも積算スピードや正確性が求められます。
また、他のライバル企業様とサービスやスピードにおいて差別化するために、当社のソフトを導入頂いたケースもあります。
早くて正確な数量で現場に資材を搬入してもらえる商社なんて、内装工事業者様からすると、かなり心強い味方ですよね! 

3. ビルオーナー企業様

内装工事会社から見積もりを受け取る側です。
複数ビルを保有されている場合、内装工事業者様への見積件数および発注金額も相当な数になってきます。

しかし、上述の企業様と比較すると自社に積算を理解している方が比較的少なく、受け取った見積の内容のチェックに時間がかかり、困ってらっしゃることが多いです。
そこで、建築の電卓にて数量チェックを実施することで時間の短縮を実現し、内装工事会社様と友好な関係を継続されています。