【導入事例インタビュー】「建築の電卓」で積算が数倍早くなった【株式会社スミノエ様】

~Interview~

株式会社スミノエ
名古屋営業部 M様

事業内容について

ー あらゆる市場のニーズに応える

スミノエは、豊かな生活に潤いを与えるカーテンやカーペットをはじめ、業務用床材、伝統と技術が織りなす緞帳、そして美術工芸織物まであらゆる市場のニーズにお応えします。
環境・健康・リサイクル+Aに配慮したスミノエならではの製品、そして市場の流行を取り入れた素材、デザイン、機能性、安全性にすぐれた製品を取り揃えています。
私が所属する名古屋営業部では、東海地方のお客様を担当させて頂いています。

エス・ビルドのエントランスでは
ウイルス対策としてスミノエ様の抗菌加工カーペットを使用しています。

複雑な躯体の面積を求めるのに一苦労

お仕事内容をお聞かせください。

インテリア業界は未経験で入社し、2年半経ちました。
現在は営業アシスタント職として勤務しています。
主な仕事は積算業務となりますが、全般的に営業の皆様をサポートさせて頂いています。

導入前の積算(拾い出し)方法について

三角スケールを使って手計算で行っていました。
未経験での入社でしたので、積算をすること自体もちろん初めてでした。
支店長や先輩社員の皆さんからやり方を教えてもらって、週に1~2件程度の積算をこなしていましたね。
当時を思い起こすと、まず縮尺を合わすことが手間でした。
ソフトを使うようになったから、そう思うのかもしれないですが…。

また、当たり前のことですが、積算対象の物件は四角形の部屋ばかりではないので複雑な躯体の面積を求めるのに苦労しました。
該当の躯体に対して線を引いたりして、面積を出しやすいよう工夫をして計算していました。
求めた面積から掛け率で材料数を求めて、営業さんに結果を返すまでが私の仕事です。

繁忙期の積算もスムーズに!

ー 「建築の電卓」導入による効果や変化

まずは、積算時間が短縮しました。
手計算と比較すると数倍早くなったと思いますし、営業さんから誤差があったという指摘も無いです。
積算時間だけでなく、営業さんに情報を共有する際もワンクリックで割付図込みの帳票が出せるのは助かっています!
先日も、その帳票を持参して営業さんが打合せに向かっていましたね。
おかげさまで、繁忙期は出社すると毎日3件ほど見積依頼が来ている状態です。(笑)

ー お気に入りの機能など

「建材カウンタ」は結構使ってますよ!
おしゃれな現場ですと、床モードで完結できない場合は建材カウンタを利用しています。
この利用方法のヒントもエス・ビルドさんから頂いたのですが、
本業が内装工事会社さんなので現場を意識したアドバイスが多くて助かります。

積算中の様子

設計や新入社員も活用

ー 今後の活用について

最近では、設計担当のスタッフにも利用方法を伝授しています!
ソフト操作ができる方が1人でも増えれば、営業さんのサポートもより手厚くなります。
また、4月に入社した新入社員の子も操作説明を受けていますが、飲み込みが早い!
商材知識はまだ浅いですが、おかげさまで積算が出来ていました。
先輩社員にも良い刺激になると良いですね。

ご検討されている方へのメッセージ

新しいことを始めるとき、最初は大変だと思います。
「覚える」ための時間を取ることも、時には難しいですもんね。
ただ、ある程度の内容を覚えてしまえば確実に時間削減に効果は出ます。
騙されたと思って、ぜひ一度エス・ビルドさんから営業を受けてみてください!

スミノエ 名古屋営業部

interviewer:今津