【エス・ビルド女子座談会 前編】建設業界未経験から営業アシスタント職は大変!?

昨年、建築業界未経験からエス・ビルドに入社し、営業のサポートとして積算や見積りなどを行っている営業アシスタントのお二人にインタビューをしました。
今回は第一弾として、入社したきっかけや当社のイメージ、仕事内容についてまとめています。

ぜひ、ご一読ください。

N.Kさん。現在入社7カ月。前職は4年間保育士として勤務。
理想の上司は明るく和気あいあいとした関係が構築でき、悩みにも
寄り添ってくれそうな内村光良さん。
関西のおすすめスポットは奈良県十津川村にある「谷瀬の吊り橋」です!長さ297m、高さ54mというスリルが味わえる場所です!

O.Nさん。現在入社6ヶ月。前職は1年半ほど銀行員として勤務。
理想の上司はどんな時でも頼もしく、相談したらなんとかしてくれそうなムロツヨシさん。
関西のおすすめスポットは尼崎にあるホルモン屋さん、「山里食品」です。 ダウンタウンの同級生が経営してるで有名です。 味が濃くておいしいです!

K.K。今回お二人にお話を聞きました。
理想の上司はどんな時でもポジティブな気分にさせてくれそうな
渡辺直美さん。関西のおすすめスポットは地元奈良県の明日香村にある「ことだま」という古民家カフェです。旬のフルーツを贅沢に使ったパフェが絶品で、季節が変わることに必ずいきます!

エス・ビルドに入社したきっかけ

N.Kさん 元々、保育士以外の仕事も経験したいと考えていました。インテリア・デザイン・ものづくりに興味があったので、エス・ビルドの募集要項を見た時、内装工事として自分が積算したものが形になるのが素敵だと思いました!
建設業は男性が多いイメージでしたが、女性が多かったので、女性にとって働きやすい環境とも感じたので応募しました!実際に面接をして下さった営業の方の雰囲気がとても良く印象に残りました!

O.Nさん 前職で、営業を経験するうちに自分自身が営業を行うのではなく、営業として働く人のサポートをしたいと考えるようになりました。ただ、サポートするわけでなく自分も会社の売上に貢献できる仕事をしたかったので、積算や見積りを作成して営業の方や売上に貢献できると感じたエス・ビルドに応募しました。

転職活動について

-実際に転職サイトなどで会社を見る際に、必ずいれたワードはありますか?と聞いたところ…-

お二人に共通していたのは「営業事務」「土日祝休み」でした!
あとは、「年間休日」「福利厚生」「アクセス」「オフィスの綺麗さ」「人と関われる」なども重視したそうです!

アットホームな環境

K.K -実際に入社し、前職とのギャップはありましたか?-

N.Kさん 前の職場は休憩時間というものがほぼなかったり、職場の人と関わる時間がなかなかもてなかったですが、エス・ビルドではコミュニケーションを取りながら仕事ができています。
アットホームな環境でプライベートのお話もすることが多いので、
そのまま仕事でわからないことを聞いたりしてます!(笑)
前職より残業も減り、オンオフの切り替えもできるので、プライベートも大切にできています。

O.Nさん 前の職場は、勤務時間中はほぼ静かで、営業している声か、電話をしている声だけが聞こえていました(笑)OJTの先輩もいなかったので、わからないことがあっても忙しそうで聞きづらかったです。今は、営業アシスタントの先輩だけでなく、営業の方もわからないことがないか、することはあるかなど気にかけてくださいます!常に私がわからないところがあれば、サポートできる体制を整えながら、ある程度慣れてくると任せてもくれるのでやりがいを感じています!
オフィスはホームページを見たり、入社するまでは「ザ・現場!」みたいな職場をイメージしていました(笑)
実際はそんなことなく、きれいなオフィスで働けているのも嬉しいです。

営業の見積をサポート

K.K -現在の仕事内容について教えてください-

N.Kさん 見積依頼がくると...
①自分たちが積算出来るところとできないところを分ける(できないものは業者さんに依頼)
②「建築の電卓」で積算をする
③見積書を作成する
④営業の方に確認してもらう
このような流れで営業のサポートを行っています。

O.Nさん まだまだ初めて聞く部材がたくさんあり、どの部材をどこの業者さんに頼めばいいかわからいものがとても多いです。覚えるのは大変ですが、先輩方にわからないところは聞きながら、早く覚えれるようにしたいです。

今回は主に入社に至るまでの経緯について詳しくお話を聞きしました。

次回の第二弾は、建築業界未経験からどのように仕事を覚えたか、学んでいく上で難しいと感じた点など、
より仕事内容について聞いてお聞きします!

次回もぜひ、ご一読ください!!

業界未経験を積極採用!アシスタント制度とは?

当社では分業制(アシスタント制度)にて営業、現場管理者の事務作業を
軽減させる営業体制となっております。

2名に1名の割合でアシスタントを配置し、各部門それぞれ以下のような業務を任せています。

アシスタントメンバーは全員、現場経験0のいわゆる「事務員さん」で構成されています。
しかし、現場未経験でも、「建築の電卓」などの様々なITツールを駆使し
事務作業を的確にサポートしてくれています!
それにより、営業・現場管理者の生産性が向上し、「売上最大化」へ直結する社内体制となりました。

この分業制が必ずしも正解ではありませんが、
是非一つの考え方として受け取って頂けましたら幸いです。

下記により詳しくアシスタント制度の事例を紹介しております。
是非、ご覧ください。

無料資料ダウンロードはこちら